コラーゲンを目の下に塗っても、たるみには効かない?

 

「コラーゲン」と聞くと、肌がぷりぷりになるイメージですよね。

 

目の下のたるみをなんとかしたくて、コラーゲン配合の化粧品を使っているという人も多いのではないでしょうか。

 

でも実は、コラーゲンはたるみにはあまり効果がないんです。

 

 

<コラーゲンは保湿成分>

コラーゲンはもともと私たちの肌に存在していて、ぷるんとしたハリをキープしてくれているありがたい存在です。

 

コラーゲンが肌にたっぷりあればあるほど、肌にピンとしたハリが出て若々しく、たるみとも無縁になります。

 

でも、そんなありがたい存在のコラーゲンは、年とともにどんどん量が減っていってしまいます。

 

悲しいことに、お肌の曲がり角といわれる25歳頃からどんどんコラーゲンの生成量が減っていき、ハリや弾力が失われてきます。

 

すると目の下の皮膚にもハリがなくなり、たるみが起きやすくなってしまいます。

 

たるみを改善するカギは「コラーゲン」にあったんですね。

 

でも、減ってしまったコラーゲンを増やすために「コラーゲン配合の化粧品」を使っても、実は肌のコラーゲンは増えません。

 

コラーゲンは分子が大きいので、肌の外から塗っても、奥まで入っていけないからです。

 

肌のコラーゲンは「真皮」とよばれる深い部分にあるので、そこまで入っていけないのです。

 

 

じゃあ、コラーゲン配合の化粧品は使っても意味ないの?詐欺なの?と思うかもしれませんが、「お肌を保湿する作用」はあります。

 

お肌の表面をしっとりと保湿してくれるので、保湿コスメとしては優秀です。

 

お肌のコラーゲンを増やしてハリ・弾力をアップさせる効果はありませんが、お肌にうるおいを与える効果はあるということですね♪

 

 

<目の下のたるみにはどんな成分が効くの?>

 

じゃあ、コラーゲンじゃなかったら何を使えば良いの?という感じですよね。

 

目の下のたるみを改善するには、「お肌のコラーゲン生成を促す美容成分」が配合された化粧品を使うと効果的です。

 

お肌にはたらきかけてコラーゲンの生成を促し、ハリ・弾力アップにつながります♪

 

レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンなどが代表的ですね。

 

これらが配合された化粧品を使うことで、肌のコラーゲンが増えてハリ感がアップし、目の下のたるみケアになりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です