目の下のたるみがクマを引き起こす|黒クマの原因と対策

 

目の下のたるみがひどいし、最近クマも消えなくなった…とお悩みではありませんか?

 

実は、目の下のたるみはクマの原因にもなるんです。

 

「目の下のたるみによるクマ」についてここではお話します。

 

 

<クマには3種類ある>

 

目の下のクマには3種類あって、青クマと茶クマ、そして黒クマがあります。

 

青クマは寝不足や眼精疲労などによる血行不良がおもな原因で、茶クマは色素沈着したことによるシミのようなものです。

 

そして黒クマは、目の下のたるみによって影に見えていること原因です。

 

加齢や紫外線、むくみなどが原因で目の下の皮膚にハリがなくなり、筋肉も衰えることでたるむと、影になって目の下が黒っぽく見えてしまうのです。

 

目の下のたるみは「黒クマ」を引き起こす原因でもあったのです。

 

目の下がたるんでただでさえ老け顔なのに、クマも出来て更に老けてみえる…という事態にもなりかねません。

 

 

<あなたのクマは何クマ?セルフチェックする方法>

 

あなたの目の下のクマがどのタイプなのか、メイクを落としてから手鏡を用意して、セルフチェックをしてみましょう。

 

手鏡を手に持って、顔を見ながら真上を向いてみてください。

 

上を向いた時にクマが消えるor薄くなるようなら、目の下のたるみによる黒クマである証拠です。

 

つぎに、手鏡を見ながら、目の下(目尻側)に指を当てて外側に軽く引っぱってみましょう。

 

クマが消えるor薄くなるようなら青クマです。

 

全く薄くならない場合は色素沈着による茶クマということになります。

 

 

 

<黒クマを解消するには?>

 

黒クマを解消するには、たるみに効果的なスキンケアを取りいれましょう。

 

レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンなどが配合されている化粧品でケアして肌のハリ・弾力をアップさせ、たるみを改善させます。

 

スキンケアのほかには、表情筋トレーニングも効果的です。

 

目を細めてまぶたをプルプルさせて、眼輪筋を鍛えましょう。

 

鏡を見ながら目を細めていき、目を閉じる寸前でキープするだけです。

 

15秒以上が理想ですが、キツイと感じるまでやってもOKです。

 

やりすぎには注意して、1日3セットほど行いましょう。

 

目元が引き締まるだけでなく、目力もつきますよ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です