パソコン・スマホは目の下のたるみを悪化させる

 

パソコンやスマホが手放せないという人は多いと思いますが、実は目の下のたるみを悪化させているかもしれません。

 

パソコン、スマホ、タブレットをよく使う人は疲れ目ケアを習慣にして、目元をいたわりましょう。

 

 

<パソコン・スマホは顔をたるませる>

 

パソコンやスマホを見てると、無意識のうちに猫背になったりして、姿勢が悪くなっちゃいますよね。

 

スマホネックという言葉もできたように、首だけ前に突き出た姿勢になってしまう人がとても多いと思います。

 

無意識なので気を付けるのは難しいんですが、実はスマホネックは顔をたるませるって知ってましたか?

 

全身の皮膚は1枚でつながっているので、首だけ前に突き出てしまうと首の前側の皮膚が下に引っ張られて、顔も下へ下へとたるんでしまうんです。

 

毎日スマホが手放せない人は、姿勢に気を付けるようにしましょう。

 

そして、スマホやパソコンは目の筋肉を酷使するので眼精疲労が慢性化してしまい、目の下のたるみを悪化させてしまいます。

 

筋肉が疲れてこり固まると、目元の血流が悪くなって皮膚にハリがなくなり、まぶたが痩せてたるみにつながります。

 

<パソコン・スマホが目の下のたるみを悪化させる理由>

・姿勢の悪さ(スマホネック)が顔をたるませる

・眼精疲労につながる

 

 

<疲れ目ケアをはじめよう>

目の下のたるみを悪化させないために、パソコンやスマホをよく使う人は「疲れ目ケア」を習慣にしましょう。

 

☆こまめに目を休める

仕事が忙しいと画面をずっと見続けてしまうかもしれませんが、最低でも1時間に1回は目を休めるのが理想です。

 

目のピントを合わせる筋肉を休めるために、意識して遠くを見つけて、目をほぐしましょう。

 

☆ブルーライトカットめがねをかける

パソコンやスマホから出ているブルーライトは目に良い影響を与えません。

 

ブルーライトをカットできるメガネを活用して、パソコン作業をする時もスマホをいじる時も、目元をガードしましょう。

 

 

☆ホットアイマスクを活用

ホットアイマスクを活用して目元の筋肉をほぐすのもおすすめです。疲れて硬くなった筋肉が、じんわりほぐれて血行を良くすることができます。

 

 

☆目にいいサプリを飲む

ブルーベリーなどの、目にいいサプリを飲むのも良いですね。

 

アントシアニンやルテインなどの目にいい成分を毎日補給して、目元をケアしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です