目の下のたるみをなくす整形|目の下のたるみは消えるの?

 

スキンケアをしても目の下のたるみが消えない時は、整形するという方法もあります。

 

目の下のたるみがなくなると一気に若返るので、1人で悩んでいる人も検討してみても良いかもしれません。

 

 

<目の下のたるみ除去手術>

目の下のたるみの原因は、ほとんどの場合「多すぎる脂肪」なので、手術で余分な脂肪を取り除くのが一般的なたるみ取り手術です。

 

下まぶたギリギリのラインを切開し、たるみの原因になっている脂肪と余っている皮膚を切除し、縫い合わせるというスタイルですね。

 

最近ではまぶたの内側から切開して脂肪を取り除くことも多くなっているので、外からは傷が全く見えないという場合もあるようです。(クリニックによりますが)

 

メスを使うのでハードルは高そうですが、目の下のたるみを劇的に改善したい人にはおすすめの整形です。

 

 

<ヒアルロン酸注射>

目の下のたるみを目立たなくするためにヒアルロン酸を注入するという方法もあります。

 

ヒアルロン酸を注入することで、物理的にお肌にハリを持たせてたるみを改善するというものです。

 

ヒアルロン酸は体内にもともと存在している物質なので、100%とは言い切れませんがアレルギーがほぼ無いといわれています。

 

目の下のたるみのほか、口元のほうれい線や上まぶたのくぼみを埋めるために使用されることもあります。

 

ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていくので効果は永久ではありませんが、大掛かりな手術をして元に戻せないのが怖いという方や、いきなりメスを入れるのは怖いという方におすすめの整形です。

 

 

<サーマクール>

体内に何も入れることなく、サーマクールという機器で肌のハリをアップさせる方法もあります。

 

サーマクールに使われる機器はレーザーよりも波長が長く、皮膚の深部(真皮)まではたらきかけることが可能なので

 

お肌のコラーゲンが存在している真皮にまで到達し、コラーゲン生成を促して肌のハリをアップさせることができるというものです。

 

サーマクールは結構お値段がしますが、そのぶん効果が高いといわれています。

 

お財布に余裕がある方やメスを入れるのは抵抗がある方、体の中には何も入れたくないという方におすすめの方法です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です